スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

新規取り扱いブランド 【 Gypsy&sons 】

Gypsy&sons 01


TRIBECA より新規取扱いブランドのご紹介です。



日本で愛知県一宮市に数台しか現存しない伝統的な織機や希少な技法など、
日本国内の様々な技術を駆使し、 「 HANDMADE 」 に拘ったモノづくりを展開している



● Gypsy&sons(ジプシー&サンズ)




アメリカンカジュアルのヴィンテージに見られる物作りへの拘り、



年数を重ねたことで表現される独特な表情や風合いと、
ヨーロピアンカジュアルが持つ都会的なシルエットや素材の風合いを織り交ぜることで、


全く新しいプロダクトを提案しているブランド。



Gypsy&sons 02


当店もブランドも今までも何度か互いにコンタクトは取ってはいたものの、

タイミングが合わずなかなか実現せずヤキモキしていましたが、遂に!!



晴れて2012AWシーズンより本格的に取扱いが開始となりました。




すべての枠にとらわれる事なく、様々な融合の中で全く新しい物を生み出す
そのスタイルは要注目です。




では早速、入荷済みのアイテムのご紹介!まずはこちら!


Gypsy&sons

Gypsy&sons
"cut-sew stole"
color:navy
size:約180×62cm
price:9,240yen(tax in)



綿100%のカットソー生地を使用した、注染染めの大判ストール。



しなやか且つ、しっかりとした生地感のカットソー生地を編み立て、

Gypsy&sons


注染(ちゅうせん)と呼ばれる染色技法を用いた、非常に雰囲気良く仕上がった
カラーリング。


Gypsy&sons


ヴィンテージライクでありながら、エスニック~ネイティブにも思える雰囲気ある
柄が職人の手によって染め出されています。



独特の柔らかな風合いに染め上がり、

Gypsy&sons

使えば使うほど柔らかい触り心地に。




大判サイズゆえに、いろいろな巻き方で楽しんで頂けます。


Gypsy&sons  Gypsy&sons
Style-A                         Style-B

Gypsy&sons  Gypsy&sons
Style-C                         Style-D


しっかり巻いても、ラフにぐるっと巻いても、

また、大判サイズを活かしてポンチョライクなショールの巻き方も面白いと思います。



ありそうでなかなかない、肌触り抜群のカットソーストール。

男女問わず、コーディネートのアクセントにいかがでしょうか^^





続いてこちら!


ypsy&sons

ypsy&sons

Gypsy&sons
"pile jacquard vest"
color:beige
price:13,440yen(tax in)



上質のパイル地を使用したオリジナル柄のジャガードベスト。



高性能の工業用編み機によって織られたパイル地は、

ypsy&sons


ふっくらとした生地感に仕上がり、軽く柔らかい着心地の良さを実現。





今回、オリジナルパターンで編み上げられたジャガードの柄は、


西サハラに見られる壁画がモチーフとなっており、

ypsy&sons


Gypsy&sons 独自の世界観を表現しています。

オリジナルで編みたてているのに、良心的なプライスにも驚かされます。




またボタンには、スーツやコート等の最高級ボタンとして使われる

水牛の角の削り出したボタンを使用。

ypsy&sons

天然素材故に全くの同じ柄は存在せず、独特の質感で高級感を演出しています。




Gypsy&sons


柄のベストもストール同様、シンプルなコーディネートにハメると存在感が出ます。


この時期からもカットソーにさらりと羽織れますし、秋口にはシャツとのコーディネート
も楽しみですね。


着心地良い上質のパイル地に、MADE IN JAPAN の確かな縫製で丁寧に仕上げられた
ジャガードベスト、いかがでしょうか^^




【 Gypsy&sons 】
http://gypsy-sons.jp/

Gypsy&sons


【Gypsy】放浪、移民族

宿もなく国から国へと渡り歩きながら生きるジプシーたち
彼らの強さと自由に囚われないスタイルこそ私たちが目指す世界観そのもの
全ての枠に囚われることなく様々な融合の中で全く新しい物を生み出し提案し続けます

【Real Clothing & Urban Vintage】

アメリカンカジュアルのヴィンテージにみられる物作りへの拘り、
年数を重ねたことで表現される独特な表情や風合いと
ヨーロッピアンカジュアルが持つ都会的な シルエットや素材の風合いを織り交ぜることで
全く新しいPRODUCTSを提案しています

【Made by Handmade】

私たちが考えるモノとは、そのモノの中にどういったモノが詰まっているのか・・・。
つまり、そのモノができるまでの過程や携わった人の拘りや思いが
いかに込められているのかが一番大切なことではないか、と考えます。
だからこそ私たちはハンドメイドにこだわります。




TRIBECA web store
info@tribeca2010-web.com
tel&fax 0852-69-1006
2012-08-28 : Gypsy&sons : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

Profile

HARUKI

Author:HARUKI
TRIBECA
〒690-0055
島根県松江市津田町353
tel&fax:0852-69-1006
mail:info@tribeca2010-web.com
URL:http://www.tribeca2010-web.com/
OPEN:12:00~20:00
定休日:不定休 / 駐車場有

searchin'

QRコード

QR

Instagram

・HARUKI TOSHIO ・HARUKI KANAKO

twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。